【正規品!激安大放送中!】

Nablarchフレームワークの稼動環境について説明する。

ちなみに

Nablarchフレームワーク以外のコンテンツ(例えばUI開発基盤など)に関する稼動環境は、 各コンテンツのドキュメントを参照。

【正規品!激安大放送中!】

Nablarchフレームワークは、Java標準仕様のみを使って作成しており、動かすには最低以下が必要となる。

  • Java SE 6
  • JDBC 3.0

さらに、使用するNablarchの機能に応じて、以下のJava標準仕様が必要となる。

  • JavaServer Pages Standard Tag Library 1.1
  • JavaBeans Activation Framework 1.1
  • JavaServer Pages 2.1
  • Java Servlet 2.5
  • Java API for XML-Based Web Services (JAX-WS) 2.0
  • JavaMail API 1.4
  • Java Message Service API 1.1-rev-1
  • Java Persistence 2.0
  • Batch Applications for the Java Platform 1.0
  • Bean Validation 1.1
  • Java API for RESTful Web Services (JAX-RS) 2.0

重要

ここで示したバージョン番号は、

:

:

:

:

:

、特定バージョンを表記しているが、 基本的に表記しているバージョン番号以上と読み替えて問題ない。 Java標準仕様のバージョンアップで、基本的に後方互換が維持されるため。

1.3.2. Nablarchフレームワークのテスト環境

Nablarchフレームワークは

:

:

:

:

:

、以下の環境においてテストを実施し、

:

:

:

:

:

、正常に動作することを確認している。

Java
  • Java SE 6/7/li>
データベース
  • Oracle Database 12c
  • DB2 10
  • SQLServer 2008
  • PostgreSQL 9
アプリケーションサーバ
  • Oracle Weblogic Server 12c
  • WebSphere Application Server 7
  • JBoss Application Server 7
  • Apache Tomcat 6/li>
Java EE
  • Hibernate Validator 5.1.3.Final
  • JBeret 1.1.0.Final
MOM(メッセージ指向ミドルウェア)
  • WebSphere MQ 7
ブラウザ
PC
  • Internet Explorer 6/7/8/9/11
  • Microsoft Edge 12
  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome
  • Safari
スマートフォン
  • iOS Safari
  • Android Browser 4.3

1.3.3. Nablarchフレームワークの稼動実績

2016年2月時点の稼働実績を以下に示す。

今週ビッグ割引

OS
  • RedHat Enterprise Linux 5/li>
  • WindowsServer 2008
  • AIX 7
Java
  • Java SE 6/7/li>
データベース
  • Oracle Database 11g/12c
  • DB2 10
  • SQLServer 2008
  • PostgreSQL 9
アプリケーションサーバ
  • Oracle Weblogic Server 11g/12c
  • WebSphere Application Server 7/li>
  • JBoss Application Server 7
  • Apache Tomcat 6/7/li>
MOM(メッセージ指向ミドルウェア)
  • WebSphere MQ 7